スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛着の重要性

最近、発達心理の中で「愛着」の重要性を富に感じています。

ジョン=ボウルビィが提唱し、日本で1970年代に紹介された「愛着理論」

愛着が形成されるのは生まれた時から1歳半くらいまで。

この頃の主たる養育者(普通は母親)との関わり方がその後の心の発達
にとてつもなく大きな影響を与えるとのこと。

要は無条件に愛され、抱きしめられたかが重要なのです。

この条件が満たされず、愛着に障害があるとその後、様々な問題が生じる
のです。

対人関係で相手とのほどよい距離がとりにくい、ストレスに弱くうつや心身症
になりやすい、全か無かの評価をしやすい、全体より部分にとらわれやすい、
相手の気持ちへの共感性が未発達な傾向がある、意地っ張りでこだわりやすい、
そして、発達の問題を生じやすい、などです。

確かに乳幼児期に十分に愛着関係を築くのは理想ではありますが、十分とは
いかないのが現実かもしれません。

しかし、例え大人であっても自身の生い立ちを振り返り、もしも思い当たる事が
あるならば、その地点から愛着の不十分さを自覚し、その部分を埋める、即ち「育て
直す」ことによって「育ち直り」、本当の自立に向かう事ができるのです。

そんなお手伝いをしたいと思っています。

お話しを聴かせてください。








スポンサーサイト
コメント:
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
Profile

けいすけの心のブログ

Author:けいすけの心のブログ
福岡県出身。血液型O型。40代男性。趣味はアコギの弾き語り。
(一言)
心のこもった会話でお互いが癒されればこの上ないと思います。
人として、日々感性を磨き成長して参ります。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。