スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

笑おう

東北の震災から2度目のお盆を迎えます。

岩手県陸前高田市のお寺の住職は両親と妻を津波で亡くしました。

約200の檀家では130人が亡くなりました。

震災後、この住職の葬儀や法要での言葉が変わりました。

震災前は「悲しみは時と共に癒える」と話してきたけれど、それは間違い
だったと言います。

季節が移ろうたびに旅行やバーベキューなど家族との楽しい思い出が
鮮やかに蘇り、そのしんどさはなかなか癒えるものではないと知りました。

「悲しみは癒えなくても、楽しい、嬉しいと思える時は必ずある。思い切り
笑って下さい。 亡くなった方も一緒に喜んでくれるはずだから。」

自分にも言い聞かせるように住職は静かに言いました。


スポンサーサイト
コメント:
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
Profile

けいすけの心のブログ

Author:けいすけの心のブログ
福岡県出身。血液型O型。40代男性。趣味はアコギの弾き語り。
(一言)
心のこもった会話でお互いが癒されればこの上ないと思います。
人として、日々感性を磨き成長して参ります。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。