スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月6日

67年前の本日、米国によって広島に原爆が投下されました。

その年中に15万人もの方が、5年後までに25万人もの方が亡くなりました。

詩人 坂村真民氏は2度 軍隊に招集されたそうです。

「川原の石が 老婆の髪が 揺れているコスモスが…広島では 白いものが
みんな 骨に見える そして訴える かつてのなげきを いかりを なみだを」

同様に原爆を投下された長崎の平和記念館近くの「平和の泉」には次の様に
書かれた石碑が立てられています。


のどが乾いてたまりませんでした
水にはあぶらのようなものが
一面に浮いていました
    
どうしても水が欲しくて
とうとうあぶらの浮いたまま、飲みました
       ~あの日のある少女の手記から

人から人へ必ず伝えて行かねばならない事があります。
例え経験がなくても肝に命じなければならない事があります。

そうした勉強こそが本当に尊いのではないでしょうか。



スポンサーサイト
コメント:
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
Profile

けいすけの心のブログ

Author:けいすけの心のブログ
福岡県出身。血液型O型。40代男性。趣味はアコギの弾き語り。
(一言)
心のこもった会話でお互いが癒されればこの上ないと思います。
人として、日々感性を磨き成長して参ります。

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。